IN STOCK:VINTAGE LEVI'S DENIM

Posted by FREEWAYJAPAN on 07.2017
どうやら
ようやく北海道にも
春の便りが届いたようです

桜の花は満開のときも
花吹雪のときも
散ったひとひらの花びらが
土手に草花の上にちょんと
乗っている花びらも
満開の花びらと同じで
枯れていません
きれいなままの花びら
なんですね

一生懸命やって
散った桜の花びらみたいに
きれいな部分が残るような
生き方も良いのでは
ないでしょうか
そんなかたちも
僕は最高だと思います

さて
季節を問わず
楽しめるデニムでは
ありますが
これらのカラーは
これからの時期
最も気分が上がる
色合いです


X: LEVI STRAUSS LOT 506XX Denim Jacket ;)
201756506xx1


X: 1967's-1968's LEVI 501 S type ;)
s5010per1


s5010per2


片方のみにポケットが付く
特徴的なデザインのファースト
ディテールに関しては
こちらで書くまでも無いかと
思いますので
詳細は店頭にて伝えさせて
頂ければと思います

時を経たものしか
生み出せない
まるで計算されたような
ホワイトに近い
インディゴの表情

ここまで綺麗に
色が整っているのは
ごくごく僅かです
ただでさえ
年々多くの数を
見る事が出来なくなっている
506を何十枚と出会いを
繰り返せても
このようなカラーに
対面できないのです

一方
Sタイプは大胆に
ムラなく綺麗に脱色されています
ヴィンテージ価値が
世界的に知れ渡った現代では
まず漂白しようと考える人は居ません
デニムをより個性的に
着用するムーブメントが
強まった1970年代に作られたと
推測します
この手は生地が薄くなって
しまっているのが多いのですが
しっかりと強度を保たれており
裾が切りっぱなしの表情も
素敵な点です

70年代以前に
一部の所有者が生産し
後にくる時代を想像して
頂ければ
これがどれだけ希少で
あるかは伝わるかと思います

なかなか紹介出来る
機会の無い2点ですが
今回のヴィンテージデニムで
共通しているのは
メリハリでは無い
インディゴの色合いの魅力です

是非
店頭でご覧頂けたらと
願います



LEVI STRAUSS LOT 506XX Denim Jacket
リーバイストラウスロット506XXデニムジャケット

1967's-1968's LEVI 501 S type
1967年から1968年リーバイス501Sタイプ



お問い合わせ
FREEWAY
WEB STORE : freewayjapan.com
PHONE : 011-521-1311
E-MAIL : info@freewayjapan.com

ARIGATO
アリガトウ
Category : VINTAGE
HOME 

プロフィール


FREEWAY(フリーウェイ)
〒060-0055
北海道札幌市中央区南5条東2丁目12-3
011-521-1311

FREEWAY WEB STORE
http://www.freewayjapan.com/

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

カテゴリ

リンク

FREEWAY MOBILE

携帯・スマートフォンはこちらから

QR

------------------------

ビンテージ
ビンテージ
古着ナビ全国版

Copyright © 北海道札幌市FREEWAY BLOG/フリーウェイのブログ All Rights Reserved.
まとめ